スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2015年11月16日

すべての今したときに雪

素晴らしいおとぎの国の前で実証マーリンに巨大な関心、。雪かすんカーテン、しかし梅树婉Qiaoli、ZE韻にこのような詩のようなサクラ属の風、そして画家のブラシインクダン、米国株の場合、素晴らしいです。梅開花、開花枝、芳香な香り。そこしなやかブルーム、名前、ラウンド、クラスター、カラフルな素晴らしさ、李カイストリーマの恥ずかしがり屋の芽。彼らの優雅な魅力、そして横に雪側を旋回、なだめるような、自然の王国で遊んで、優雅な動きであり、琵琶と飛んで雪の韻のハープの組み合わせの場合。 「ペン詩人のコート代アセスメント章白さのために梅の雪が、雪の梅の香りをドロップする梅は消極的。」古くから、壮大なプラム妻に直面して、文字消えないインクの多くの男性があります、びっくり!

乾杯は子供たちが雪の白、地球、ホワイトハウスの後、山が白で、ああ、思い出から私を目覚め!雪の世界が爽やか! 「ノースランドの風景、マイルの氷の数千...マウンテンダンスシルバースネーク、......のような元チーワックス「偉大な男のペン美しい輝きで壮大な景色!太陽は、雪の輝きを明るく上昇しました。子供たちは雪だるま、雪合戦、遊びが幸せになることができます! 「不幸」は、来年の農家が豊作を持つことになります!

私は雪の王国、手の雪、雪の感情の魅力に立っていました!私は深く酔いました!美しい雪、私は壮大なエベレストを見落とすこと、ハンサムそびえ立つ崑を楽しむために、あなたと一緒に歩きたい、あなたは魅力的な蓮の氷山を鑑賞するために、追求したいくらいの香り!親友を形成することが見つけるのは難しいですが、愛の素敵な光線をせん断、アカシアの概念の鍋を調理、スペクトル渓流!私はあなたが、純粋で高貴な雪を愛し、私が最も美しい冬に会う、あなた菩提と手を保持したいと思います!  


Posted by fridayne at 13:23Comments(0)

2015年11月11日

她應該算是典型的東北女孩吧

接到一個陌生客戶的電話,一聽能量水聲音就是東北人。在大家的印象中東北人直爽,有啥說啥。確實我的印象中也是這樣的。這個電話,讓我猛然想起一個女孩,比較可氣的是,我現在竟然想不起她的名字。好像叫王倩吧。和她的第一次接觸,我便挺吃驚的。

那是剛剛上大學的時候。我初來大城市,又本來內向,所以不大和人接觸。她是班長,很活躍,經常站在講臺上將通知之類的事情。所以我是知道她的。有一天晚自習下課,下著很大的雨。我沒有帶傘,我好像經常這樣。直到現在,我去任何地方,都沒有帶傘的習慣。即使天氣預報說有雨。

我站在樓道裏,看到別人離去。也準備走了。這時候她能量水出現在身後道:“沒帶傘吧。”我點點頭。她說:“那我們一起吧。”說著她打開了傘。我連忙說:“不用,不用。”她指著大雨道:“這麼大的雨,肯定會淋透的。我們一起,你先送我回宿舍。然後你拿我的傘回去。”我還想堅持。她已然將傘湊到我的頭頂上道:“趕緊走吧。大男人,這麼啰嗦。”說完,自己就先走了。我只能跟上。

雨真的很大,劈裏啪啦的打在傘上。夜色黑漆漆的。只有能量水在有路燈的地方,可以看見雨就像線串的珠子一樣在閃光。然而我的心思肯定不會在雨上。心咚咚的跳,畢竟在這之前,我從來沒有和一個陌生女孩走的這麼近。我儘量避開和她的身體碰觸。即使這樣,依然覺得能聽到她的呼吸。那是深秋,如果沒有記錯,是開學的一個月後。也就是10月份吧。雖然在西安,還是有些冷的。她比我低,吃力的將傘舉過我頭頂。
走了一會,她說:“你把傘舉著吧。男人應該主動舉的。”我依言從她手裏接過傘。很輕鬆的舉過頭頂。現在想想,
我確實很木訥,本來就應該是男孩舉傘的。可能是為了緩解我的緊張和尷尬。她一會說:“你走慢點。太快了。”一會問:”你家是哪的?” 我說:“陝北。”

她又問:“你平時就話不多?” 我說:“還可以吧。”事實上是不多的,加上普通話不標準,緊張時還口吃,所以在班上話不多。她又說:“你應該多和同學交流。大學生活,就應該活躍點。你可能聽出來了。我是東北的。”
我點點頭說:“我知道。”我又問:”東北哪的?“ 她說:”遼寧。“又是一陣沉默。她突然又開口道:”你怎麼都把傘給我打了。你肩膀都濕了。“ 我說:”沒事。“她自然的一只手搭在我的腰上,一只手挽在我舉傘的胳膊。說道:”這樣會好些。“
  


Posted by fridayne at 11:10Comments(0)記事