スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2013年11月25日

そこは禅僧のこと

高い山などは紅葉が散ってしまったところもあるが、
里は、今が見頃といったところだろう。

街路樹の紅葉が風に吹かれ舞う姿は、いよいよ冬が近いことを感じさせる。

「葉落ちて根に帰る」という言葉がある。
これは、中国の禅僧、慧能(638年~713年)の言葉と言われる。
言葉の意味を読み取れば、「人は死して、土に還る」
人は、そういったサイクルの中で生きているという意味になるだろう。

そこは禅僧のこと、禅問答のように
意味が少し違って解釈されることがある牛欄牌奶粉
時には、『物事の根本に帰れ!』という、ルソー的な考え方として受け止められる。
俗人を叱咤(しった)する気持ちを込めた言い回しのようである。


さきごろのニュースに、『モンティ・パイソン再結成発表』と出ていた。
モンティ・パイソンと言えば、1969年から始まったBBCテレビ番組
『空飛ぶモンティ・パイソン』で一躍人気を博したグループ。
ドタバタコメディで日本でも放送され、コントなどが面白かった憶えがある。

一人逝去したが、残ったメンバーで再結成し、来年の7月に公演するという。
メンバー5人の年齢を合わせると357歳。
平均年齢71歳あまりという事になる牛欄牌回收
いわゆる定年をも遥かに過ぎた世代で、
本来ならば「葉落ちて根に帰る」をボチボチ感じ始める年齢であるが、
どうして、どうして、このご仁たちは、
またひと暴れしそうな勢いである。

その隣りのニュースには、”シニアの婚活”という記事が出ていた。
パートナーを喪った60代、70代という人たちが、
「恋愛のドキドキ感」を求めて、婚活をはじめたというもの。

一般的には、高齢者と呼ばれる年齢に達した人たちだが、
落ち葉どころか牛欄牌問題奶粉
最後にもう一花、咲かせたいという。

まだまだ「根に帰る」どころではないようだ。  


Posted by fridayne at 13:05Comments(0)000

2013年11月14日

この単系思考が

「私にもできそう‥‥」

この単系思考が、そもそもの地獄の始まりだった。

マイブログに記事を書き始めて電工鉗、1週間あまり。
腰を据えてやらねばならない難問(← 私にしてみれば)が、まだまだ山のように積み上げられているというのに、「ブログ村」に参加することに食指が動いてしまったのだ。

記事が貯まって輪郭が整ってきたら、家族や親戚縁者、それに悪友や良友に知らせて読んでもらうつもりで始めたブログだったが、誰にも連絡しないうちから欲だけが一人歩きをし始めた。そりゃ、もっと多くの人に読んでもらえる方が、誰だって嬉しいに決まってます。

で、「ブログ村」に登録を開始。
何とか必須項目のあれこれを書き込んで、登録完了。

「なんだ、簡単じゃん」

(お恥ずかしい話だが)これですべての準備が完了したのだと思いこんでいた。つまり、登録さえ済ませれば、「ブログ村」住人のブログに漏れなく付いているバナーが、私のブログ上にもポコッと自動的に浮上してくるもんだと信じて疑わなかったのだ。

間もなく「ブログ村」の村長さんから解説メールが届いた。 んっ?
それを読むと、どうもそういうわけじゃないらしい。
‥‥と気づいたところが地獄の1丁目。

(これまた恥を忍んで言えば)たったリンクタグをコピーして貼り付けるだけの作業に、なんと丸一日も格闘を強いられる破目になってしまったのだ。

ブログ村が準備してくださった、コピペ練習帳は難なくクリアー。
しかし、同じサイト上での作業じゃない貼り付けは初めてのこと。
さあ~、どうする3 peaks
あ~でもない、こ~でもないの同じ繰り返しが延々と‥‥。

困ったことにバナーが取り付けられないまま、既に私のブログのタイトルが新入りコーナーに出ている。さー、どうする。 

ストレスが溜まってきたころ、しみじみ思ったものだ。
私がブログ村の住人になるには、まだ10年早いんじゃなかろうか? 

そう悟って断念するつもりで念のためマイブログを覗きに行ったら‥‥。

出てる! バナーが! それも、3つも!!!

参った。
どうやって浮上したのか解せないものを、どうやって消せるのか? 

ーーー以下、私の格闘は省略ーーー

で、一応の区切りがついたのは曾璧山中學、夕べの(こちら時間の)午前1時ちょっと前。
しかし、納得した上で区切りをつけたわけではないので、いつか知らないうちにリンクが消滅してしまうことだってあり得る。

とりあえずは「あとは野となれ山となれ」モードで行ってみることにしよう。

(PS: それにしても、バナーひとつにこんなにも時間がかかるとは‥‥。
本当に疲れた。私はきっと稀有なメカ音痴なんだろうな。それはそれで、また希少価値があるかもしれないが。笑)  


Posted by fridayne at 17:56Comments(0)