スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2014年03月19日

理の予約投稿でした

最近、ブログ感が随分と変わってきた言語治療
少し前の記事に書いた、「ブログ=本番へ備えての練習」。これに、やや、うっとりとしている。本番とはなんなのか? 小説? ふむ、正確には「これから書かれるであろう二十一世紀文学の金字塔」なのである。キャ、書いちゃったよ! この宇宙怪獣メガロ野郎っとお怒りになられる前に、先(まだ、書いてないけど)をお読み下さいね。

しかし、仮にである。それが書かれなかった。書いたけれど、金字塔ではなかった。途轍もない愚の骨頂であった。でも、構わないのです。「その予感に打ち震えている(一人で)」、ここが大切なのだ。一人、るんるんしながら、「金字塔金字塔・・・」と呟き、ブログ執筆に精を出す。練習練習ぅーーー。いやぁーーー、この浮き浮き感、ここがポイントなのですね。
ぶっちゃけ、その後の金字塔など、どうでもいいのである。あはははははmask house 面膜 好用

ブログ、詩集とか書籍化された小説なんかとは、随分と違う感じはある。
書き手と読み手の間に、出版社とか、そこの編集者とかが介入していない。直送である。これは、ある意味、非常に際どいし、プロとアマがボーダレス。もちろん、社会的にはプロ=文章でお金を稼いでいる人ということになるけれど、私は納得していないし、判断基準として下世話過ぎ。とはいえ、この論法上のプロ。もちろん、甘くはない。そんなことは分かっている。
あっ、すぅーーーかり失念。私は、有料ピアニストなのだったよ、げっ。下手だけど、そうすっと、プロってな訳かよ、ねぇー。いつもの例えで、じゃ、バン・ゴッホはアマだったの? という会話になる。私より上手い無賃金ピアニストがごまんといる。すっ、すいません。

小説を読まなくなって、随分と経つ。ひとつには、日本国、フランス語で言うところのロマンシィエール(小説家)の系譜が大多数を占めているせいもある。私は、エクリバン(作家)を読みたいので、段々と遠退いてしまった。言語実験、実験小説の流れも、大半は、詩人たちが引き継いだ。必ずしも、言葉の解体だ、意味の剥奪だと前衛的である必要はないけれど、前衛精神は必要だと思う。前進する、新しいものを自ら作る。仮に失敗作だとしても・・・。出来なんか悪くたって、文学の本質的な問題ではないと思っているmask house 面膜

そう言う意味で、ブログという媒体自体がゲリラ的で、たぶん、ブログ文学の創造は可能と推測している。私が、と言う意味ではないですよ。脳が枯渇枯れススキ状態だから、駄目ですな、それは・・・。

追記 この記事も日付をみたら、3月6日。真ん中辺は以前書いた内容だし、最後の方、昨日の記事と内容がダブっているけれど、全体の流れもあるので、そのままに致しました。ちょっと、ピアノの大きなゴトシ(仕事)が入り、脳がピアニッシモのフォルテェッシモなので、未発表「下書ノ山」より、無理矢理の予約投稿でした。
  


Posted by fridayne at 12:23Comments(0)0000