2013年12月17日

高くない利息を払っていれば

質屋に持参したスイス製の腕時計は、意外にも高く評価され、
アルバイト1週間分の給料ほどの金が借りられた。

「すき焼きが食いたい」
僕の声を受けて、二人はその足で街へ向かい、食材を買い揃えた。
金がないのに贅沢な気分を味わいたいのは螢幕保護膜、なぜなのだろう。

深夜。
あたりの2部屋が寝静まった頃、ガスコンロを無断借用してひそかに料理が開始された。
鍋や食器、ろくなものはなかったが「無駄な出費はやめよう」とトオルくんは言い、
鉄鍋の代わりに、小さな手鍋とブリキの洗面器が代用された。

故郷を出てから口にしていなかったすき焼きの味は、感動的にうまかった。
二人の顔がほころんだ。

「バイトの給料が出たら、あの時計を出しに行くんだからネ」
「わかってる。オレも半分出すって曾璧山中學。利息を払えば質草は流れないんだ」
一足早く社会に出たトオルくんの知識はさすがだと思った。

高くない利息を払っていれば、質草はずっと保管してくれると知った僕は、
アルバイトの給料後も、スイス製の腕時計を受け出しには行くことはなく、
当面は利息を払うだけで、「いつかはきっと」とその時期を引き延ばした。

そうしているうちにアルバイトも辞め、利息が払えなくなって、質草は流れた。

それからしばらく、僕は暇さえあれば、
質屋のショーケースに飾られた自分の腕時計を眺めては、
「まだ売れていない」と胸をなでおろしたりした。

だが、とうとうその時計がショーケースから消えていることを確認する日がきた。
苦い思いが胸にひろがり曾壁山中学
無愛想に僕に時計を差し出したときの、父の顔が浮かんだ。


同じカテゴリー(記事)の記事
 她應該算是典型的東北女孩吧 (2015-11-11 11:10)
 ぼんやり輝く (2014-03-04 15:13)
 鮮やかな奇術は (2014-02-25 12:12)
 わたしの祖母は (2014-01-22 18:29)
 同じお正月を (2014-01-15 18:45)
 ところで今年は午年 (2014-01-08 13:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。